はじめは凹凸を合わせることが難しく、

ブロックをいろいろな向きに動かして試行錯誤

保育者が手を添えて一緒にすると、

その様子をじっと見つめ

次は自分がやってみて・・・

その繰り返しを何度もしていました

少しずつ自分つつなげられるようになってきて

じっくり集中して取り組んでいます

 

 

A君は長くつなげると、

車のおもちゃを持ってきて

「ぶー」と言いながら動かしていました

道路に見立てているようです

「どうろだね」「車が走るね」

と共感して一緒に楽しみました

その後もA君と話をしながら

トンネルを作ったりわき道をつけました

あそびが広がって

次々とブロックをつなげていき

大きな道路ができました

 

 

Aくんがつなげている様子を見て

Bくんもつなげてみようとしています

保育者も一緒につなげ

つなげる度に「できたね」

と顔を見合わせて喜び合います

そしてBくんはつなげたものに

縦方向にブロックをはめて

立体的な組み合わせを

楽しむ姿を見られるようになりました